​©︎ イタリア・キッズフェスタ事務局, 2019

スタッフ プロフィール

監修:下原 千恵子

国立音楽大学、同大学院を首席で修了。第18回イタリア声楽コンコルソ1位、シエナ大賞受賞。その 後渡伊。ティト・スキーバ国際声楽コンクール優勝、ベッリーニ国際声楽コンクール第2 位など、国際コンクールにて多数受賞。98年新国立劇場開場記念公演「アイーダ」タイト ルロールで出演した。ドラマティックな役をを得意とし、「トスカ」「蝶々夫人」「トゥーランドット」等、国内外で多数出演。第25回ジロー・オペラ賞受賞。現在国立音楽大学教授。

指揮:河原 忠之

日本を代表する歌手やソリストが共演者に挙って指名する人気ピアニスト。幅広い音色、繊細な音楽表現には定評がある。国内外の第一線で活躍中の「太メン」男声オペラ歌手4人とのユニット、IL DEVUのピアノ・メンバー。指揮者・プロデューサーとしてもサイトウキネンフェスティバル等でのコレペティトゥール経験を生かした緻密な指揮で、心に残る上演を牽引している。国立音楽大学卒業、同大学院修了。国立音大学及び大学院准教授,新国立劇場オペラ研修所音楽講師。

Photo ©︎ K.Miura

演出・美術・衣裳:原 純

桐朋学園大学演劇科卒業。劇団四季研究所修了。オペラ演出家ペーター・コンヴィチュニーに師事。近年「ドン・ジョヴァンニ」(ジョナサン・ノット指揮・ミューザ川崎シンフォニーホール)「フィガロの結婚」「椿姫」「愛の妙薬」「カルメン」「道化師」「こうもり」等の数多くの演出を美術・衣裳と共に手掛ける。どの作品も独自の美意識に貫かれた極めて演劇的な舞台…と各方面より高い評価を得る。

キャスト プロフィール

ジャンニ・スキッキ:小林大祐

富山県出身。東京芸術大学声楽科首席卒業。同大学院オペラ科修了。明治安田クオリティオブライフ文化財団の奨学生として2年間ミラノへ留学。第14回コンセール・マロニエ21声楽部門第一位。第九回藤沢オペラコンクール第一位。第86回日本音楽コンクール第三位。これまでにファルスタッフ、ジャンニ・スキッキ等の表題役を務める他、ベートーヴェン「第九」、ヴェルディ、フォーレ「レクイエム」等のソリストを務める。

ラウレッタ:種谷典子

広島県出身。国立音楽大学声楽専修及び同大学院修士課程声楽専攻を首席で卒業、卒業時に武岡賞、声楽専攻最優秀賞をそれぞれ受賞。新国立劇場オペラ研修所第16期修了。平成28年度文化庁新進芸術家海外研修制度研修員(イタリア・ミラノ及びスイス・ルガーノ)。第16回東京音楽コンクール声楽部門第2位。来年6月にはNISSAY OPERA 2020《セビリアの理髪師》にベルタ役にて出演を予定している。二期会会員。

 

ツィータ:鳥木弥生

ロシア、セルヴィアなど東欧各地でのリサイタルで活動を始め、ヨーロッパにおいて数々の国際コンクールに入賞。フィレンツェ市立歌劇場公演「ジャンニ・スキッキ」でオペラデビュー。「カルメン」タイトルロール「蝶々夫人」スズキなどのオペラに加え、ベートーヴェン「第九」ヴェルディ「レクイエム」などのオラトリオ等、国内外での幅広い活躍で常に高い評価を得ている。2015年岩城宏之音楽賞受賞。武蔵野音楽大学講師。

リヌッチョ:望月哲也

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業、同大学院オペラ科修了。学部卒業時に安宅賞、松田トシ賞受賞。大学院入学時にNTTドコモ奨学金を授与。第35回日伊声楽コンコルソ第3位入賞。平成19年度文化庁新進芸術家海外留学制度研修員としてウィーンにて研鑽を積む。

Photo ©︎ 深谷 義宣

シモーネ:狩野賢一

国立音楽大学卒業、同大学院修士課程声楽専攻首席修了。二期会オペラ研修所修了。第9回藤沢オペラコンクール奨励賞。《ドン・ジョヴァンニ》レポレッロでオペラデビュー後、小澤塾特別演奏会、東京二期会、東京春祭、日生劇場等に多数出演。2017年には東京二期会《ばらの騎士》愛知公演にて、バスの難役とされるオックス男爵を演ずる。二期会会員。

マルコ:井出壮志朗

神奈川県出身。第27回奏楽堂日本歌曲コンクール歌唱部門第2位、第47回イタリア声楽コンコルソシエナ大賞など、多数の賞を受賞。数々のオペラに主要なキャストで出演の他、宗教曲や交響曲のソリストも務める。藤原歌劇団団員。低声ヴォーカルユニット《うたいすぎ》メンバー。足利オペラリリカ登録アーティスト。

チェスカ:梅澤幸代

昭和音楽大学卒業。同大学音楽専攻科修了。修了時学長賞受賞。日本オペラ振興会オペラ歌手育成部第24期修了。その後、渡伊。これまで新潟県音楽コンクール声楽部門最優秀賞受賞、受賞者コンサート出演。横浜国際音楽コンクール審査員特別賞、「春の声」声楽コンクール入賞。藤原歌劇団準団員、町田シティオペラ協会会員

ゲラルド:三木佑真

国立音楽大学大学院音楽研究科修士課程声楽専攻オペラコース修了。「Cosi fan tutte」Ferrando役でオペラデビュー後様々なオペラに主要な役で出演。二期会オペラ研修所マスタークラス修了。声楽を田中淑惠、片寄純也、Albert Cupido、Vittorio Terranovaの各氏に師事。

ネッラ:志賀早紀子

国立音楽大学演奏学科声楽専修卒業、同時に声楽コースを修了。東京二期会オペラ研修所第61期マスタークラスを修了。イタリア・ミラノにてルーカ・ゴルラ氏のマスタークラスを受講、修了演奏会に出演。これまでに沢崎恵美、徳永桃子、吉田浩之、下原千恵子の各氏に師事。二期会準会員。

スピネッロッチオ & アマンティオ・ディ・ニコライ:島田恭輔

国立音楽大学声楽専修卒。及び同大学院音楽研究科声楽専攻卒。「フィガロの結婚」伯爵、「コジ・ファン・トゥッテ」グリエルモ、「ラ・ボエーム」マルチェッロ役等でオペラに出演し研鑽を積む。またモーツァルトやフォーレのレクイエム等、宗教曲のソリストも務める。江守三千代、故 太田直樹、福井敬の各氏に師事。

ベット:大槻聡之介

国立音楽大学卒業。同大学院音楽研究科 修士課程 オペラコース修了。卒業演奏会、神奈川県同調会、大学院新人演奏会に出演。多摩フレッシュ音楽コンサート2016にて優秀賞受賞。やまと国際オペラ協会会員。藤原歌劇団団員。和田茂士、小林一男 松原有奈 各氏に師事。

ピネッリーノ:和田央

都立府中西高校卒業、国立音楽大学声楽専修卒業。平成30年度卒業演奏会、第44回国立音楽大学東京同調会新人演奏会に出演。二期会オペラ研修所第64期生。《コジ・ファン・トゥッテ》グリエルモ、《ドン・ジョヴァンニ》レポレッロ、《愛の妙薬》ドゥルカマーラを演じる。隠岐速人、宮西一弘、吉田浩之、黒田博に師事。

ブオーゾ・ドナーティ:大槻聡之介

国立音楽大学卒業。同大学院音楽研究科 修士課程 オペラコース修了。卒業演奏会、神奈川県同調会、大学院新人演奏会に出演。多摩フレッシュ音楽コンサート2016にて優秀賞受賞。やまと国際オペラ協会会員。藤原歌劇団団員。和田茂士、小林一男 松原有奈 各氏に師事。

ブオーゾ・ドナーティ:倍田大生

山梨県出身。国立音楽大学卒業、及び同大学大学院修士1年在学中。声楽を渡辺公男、山下浩司、矢田部一弘の各氏に師事。これまでに「コジ・ファン・トゥッテ」ドン・アルフォンソ役、「フィガロの結婚」ドン・バルトロなどに出演し好評を博す。

​ゲラルディーノ子役オーディションに参加した4人の子ども達が、オペラ「ジャンニ・スキッキ」に出演します。

ゲラルディーノ:東柊太郎くん(小学5年・武蔵野市)

コメント「オーディションに合格できてとてもうれしいので、お芝居も歌もがんばります。」

 

ドナーティ家の子どもたち: 

高木茉耶さん(小学5年・国分寺市)    

嶺崎悠史くん(小学3年・国立市)

大熊悠隼くん(小学2年・ 国立市)  

コメント

「初めてオペラの舞台に立ちますが、思う存分楽しみながら、最高の演技を披露したいと思います。ぜひ見に来てください。」

コメント

初めての舞台ですが皆さんにイタリアの雰囲気やオペラの楽しさを感じていただけるように頑張ります。よろしくお願いします!」

コメント

「歌が大好きだけどオペラは初めてなので、練習頑張ります!見に来て下さい!」

管弦楽:アマデウス・ソサイエティー管弦楽団

1991年3月に慶應義塾ワグネル・ソサィエティー・オーケストラの卒業生を中心に、アマデウス・ソサイエティー室内管弦楽団として結成。その後、メンバー増加に伴い現在の団体名に改称。年2回の定期演奏会を中心に演奏活動を行なっている。2019年9月の第53回定期演奏会において、マーラー交響曲第3番を取り上げる。

ゲスト・コンサートマスター:永峰高志  


東京藝術大学卒業。NHK交響楽団首席奏者として活躍する。在団中功績が認められ有馬賞を授与される。同団退団後、シュトゥットガルト室内管弦楽団、N響メンバーによるアンサンブルとの共演等、ソリストとして活躍している。また、新日フィル、仙台フィルなどのオーケストラにゲストコンサートマスターとして出演し好評を得ている。国立音楽大学教授、洗足学園音楽大学客員教授として後進の指導にも当たる。

Photo ©︎ Naoko Nagasawa